Home > ブログ > 自己愛性人格障害(018) 根拠のないプライド

自己愛性人格障害(018) 根拠のないプライド

さて、今日、面白いニュースがあった。
日韓両国が昨年10月に決めた通貨交換(スワップ)協定の枠拡充について、
日本政府高官は17日、韓国側の要請に応じたものであったことを明らかにした。
韓国高官は枠拡充を「日本側が先に提案した」と主張しており、これに反論した。

簡単に言うと、韓国は経済危機なので、 日本にお金を貸してくれとお願いした。
しかし対外的には、 「本当はいらないんだけど、日本から貸してやると言ってきたんだよ」 と発表していた。
日本は当初黙っていたが、韓国がつけあがるので、
「おい違うだろ。おまえが貸してくれと言ったんだろ」と暴露した形だ。
このような韓国の態度対応は、国家自体が自己愛性人格障害みたいだ。

「本当はいらないんだけどね」
「本当は反対なんだけどね」
「本当はどっちでもいいんだけどね」

これらは、すべて人格障害者ウッキーの口癖である。
人格障害者ウッキーは、自分から言い出したことでも、 最後に必ずこの一言を加える。
その意図するところは、 責任回避であり、プライドの維持である。

結果がオーライだったら「私がそうしようと言ったから」で、
結果が失敗だったら、「私は反対した。」と言いたいのである。

人間誰しもミスする。 それを認め、挽回するチャンスは何度でもある。
なぜ人格障害者は、ささいなミスも認められないのだろうか。
自分は常に真っ白な紙で、墨ひとつつけたがらないのはなぜだろうか。

責任とるのがなぜそんなに嫌かね。
そのくせ責任ある立場を渇望し、特別扱いを求めるのはなぜだろうか。
自己愛性人格障害者は、普通の人の思考から遠く離れている。
あいつらは人間じゃないから、という人もいる。

ボクも理解しようとするのが無理なのはわかっているが、
それにしても、なぜそういう思考になるのか不思議だ。

Posted on 2012-09-10 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51