Home > ブログ > 自己愛性人格障害(195) 裏言葉 その1

自己愛性人格障害(195) 裏言葉 その1

前回「アンタ何が言いたいの?」では、
実際の言ってることに反して、
裏に言い訳や責任逃れの意図が含有されていることを、
篠田麻里子のコメントを例にとって紹介した。

これをトーマスさんは「裏言葉」と表現されていた。
とても気に入ったので、大辞林に掲載されるよう定着させたい(笑)

人格障害者に対する嫌悪感というのは、
嫌悪という「感情」だけに言葉で表現するのが難しいのだが、
この「裏言葉」にその原因が隠されている気がしてならない。

以前から、人格障害者ウッキーの異常な言動の数々を紹介してきたが、
裏言葉には、 異常さに加え、
ある種の「いやらしさ」が感じられるのが特長ではないだろうか。

例えば人格障害者ウッキーの定番のセリフ。

「看護師だと患者さんの命にかかわるけど、それに比べたら介護の仕事はラクよ~」

人格障害者の特徴で、何度も同じ事を繰り返し言うので、
ボクもすっかり覚えてしまった(笑)

ちなみに介護の仕事が命にかかわらないかというと、けしてそうではない。
老人は足が弱いので転倒の危険性もあるし、打ちどころによっては命にかかわる。
それを介助するのが介護の重要な仕事のひとつである。
人格障害者ウッキーは一切現場に出てないので無知ゆえに言えるセリフである。

さて、この人格障害者ウッキーのセリフ。
タテマエ上は、ヘルパーの緊張を解き、
気負わないで仕事に向かわせるよう、励ましている体を装っている。
が、しかし、これはもちろん裏言葉で、
実際は「自分は看護師をしていた」という事を暗に言いたいだけなのである。

このセリフは、あくまで自己アピールを目的としたもので、
それを聞いたヘルパーがどういう気持ちになろうと、人格障害者ウッキーには関心がない。
単に相手の不安感すらも自己アピールに利用しているに過ぎず、それ以上の意味はない。
なぜボクがこう断言できるか、人格障害者と接した人には理解できるはず。

さらに共感力が欠如しているので、自分の仕事を他と比べてラクだと言われる事が、
実はその仕事を軽視し、侮蔑していることに気付かないのも、人格障害者ならではである。
自己アピールが目的なので、それ以外に思いを馳せることはないのである。

しかも、さらに悪質なのは、人格障害者ウッキーは看護師ではない。
あくまで看護師「として」働いていたに過ぎない
つまり二重の意味で人格障害者っぷりを発揮している裏言葉なのである。

(続く)

Posted on 2014-07-21 | Category : ブログ | | 18 Comments »
関連記事

コメント18件

 とーます | 2014.07.21 9:43

裏言葉・・・

取り上げていただき、光栄です。

この言葉、自己愛旦那がわたしに言った単語です(^^)

自己愛と気付く前は、言葉のままに受け取り、意味不明の反撃を受けたり。
なので、旦那の言ってることが言葉のままなのか、裏言葉を含んでいるのか、考える時もあります。
裏言葉があるときは、大抵大声でアピール的に言うかな・・・

本当に言いたいことを言葉にせず、他の言葉や人を使ってタゲに
伝える。その内容は大抵は悪口なので、そのまま、或いは直接言うと自分の株が落ちるから。

こんなことに毎日スタミナ使ってるのかと思うと、
食事を用意してあげる気も失せる。

 nikawa | 2014.07.21 11:10

裏言葉、まさにそのとおりだとおもいます。
ウチの姑が、まさにそんな感じです。
最近の姑は、近所にいる独身の女性の話をしきりにします。
その女性が、いかに美人で、高学歴で、誰もがうらやむような企業に勤めて、仕事でも注目されて、マスコミにも取り上げられたことがあった話を、合うたび合うたびされます。
ちなみに私はその方には一面識もありません。
そういう話をかれこれ、6年ぐらいしています。
ということは、マスコミに取り上げられたのは、6年以上前の話なのですが、さも、つい最近も登場したかのように言います。
ずっと、そういう絵に描いたような女性の話をして、自分がそういう人と知り合いだということを自慢したいのだろうとおもっていましたが、それだけでは説明できない、なんともいえない、いやーな
毒のようなものがあります。
それが今回よくわかりました。彼女の裏言葉っていうのは、
そういう人が嫁になってくれたらよかったのに、って言う後悔なんだろうとおもいます。
あとは、私なんかよりも、もっと美人で、頭がよくて、誰もがうらやむような人がいるのよーってことを、私に聞かせたかったのでしょう。
価値観があまりに違いすぎるので、ずっと彼女の言いたいことがわからないでいましたが、こんな人の老後を見るのかと思うとうんざりです。

 とーます | 2014.07.21 12:31

裏言葉を含む言い回し。

やはり、自己保身や劣等感からくるものですよね。

数少ない自慢?もあからさまに言うと、嘘がばれるから、
他の言葉に含めて言う。バレバレだけど。
悪口もありのままに言うと、周りから悪い印象を持たれるから、
取り巻きを操作?洗脳?して、あたかもその人が言ってたように仕向ける。
自分が一番可愛い自己愛ですからね。

自己愛分析、あってますか?

 ぽんず | 2014.07.21 20:51

私はスーパーで勤めていますが、作業中は長靴を履きます。
でも、自己愛は作業場の水仕事をやらず、
売り場で値引きシールを貼るのと、売り場の拭き掃除だけが仕事。
だから基本的には長靴を履きません。

今日、残っていた社員と話しをしていたら自己愛が出社してきました。
私たちの前を通り過ぎ、また戻ってきます。
すると、一旦売り場に出たのにまた戻ってきて私たちの前を通り過ぎ、
おもむろに長靴を履き、戻っていきました。

自己愛の長靴は実務に必要ない。じゃあなぜ履くか。
たまに会った社員に見せるためのアピールなのです。
長靴を履くことが自己愛にとって何のアピールなのサッパリわからないのですが、
アピールをしているのはわかるんです。
また、うちの部署の一員であることを認識させたい意図もあると思います。

端から見て「ただ長靴を履く」という動作に過ぎないのですが、
自己愛に関わると、表面的な言葉や動作に垣間見える本心が
わかるようになってしまうんですよね。
だから、自己愛がただ「長靴を履く」ことが、私にはものすごくムカつくんです。
仕事を選り好みしてるくせに、格好ばかりつけてできる、やるふり。
もちろん本人は仕事できるつもり。
できないしやらないのに「自分はできる男」と思えるってなんなんでしょう。

 ぽんず | 2014.07.21 22:50

さらに。
よくある「忙しそうにする」アピールもあります。
私は休みの日だったんですが、決算で予算がかかっている日、
社員をはじめ、日勤の人たちが自己愛の来る18時まで働いていたそうなんです。
するとアピール長靴を履いて、自分には関係ないのに
売り場で忙しそうにしていたそう。
(忙しいのは中の人たちなのに)

ウッキーのように忙しくもないのに「忙しい忙しい」と
口でアピールはしませんが、
周りと同じ行動を取ることで仲間意識を感じたいのでしょう。

できないとか、権利意識の強さを自覚して
いっそ「自分勝手ですが何か?」と開き直れられれば諦めもつくのですが、
「いい人」に見られたいという姑息さが癇に触ります。
だからこその自己愛なのですが・・・。

 ひよこ | 2014.07.22 0:15

nikawaさん

私の自己愛もまさに姑です!
残念ながら自己愛姑の真意は、そういう美人で素晴らしい女性と自分が知り合いであることを自慢したいのではなく、その人を持ち上げることでnikawaさんを落とす事が目的だろうと思います。

気に障ったらごめんなさい!私も散々やられてきましたから(泣)
私と同じくらいの年代の、何の面識もない芸能人や他人をやたらと褒めちぎる。自己愛者の言動はわけが分からないように見えて必ず何か目的があるんですよね。後になってあれは私に対する当て付けだったと気付きました。

言っておきますが、姑の言うその女性が本当にそれ程素晴らしい女性なのか、そもそもそんな女性が実在するのかさえも眉唾ものだし、nikawaさんが自分とその女性を比較したりなんてことは何にも考えなくていいのです!
自己愛者が落とそうとしているということは、nikawaさんが自己愛よりも全てにおいて勝っているからに他ならないと思います。
自己愛の言うことは一つも真に受けてはダメですよ。
老後の面倒なんて見れませんよね〜

  | 2014.07.22 0:23

とーますさん

>本当に言いたいことを言葉にせず、他の言葉や人を使ってタゲに伝える。

とてもよくわかります。。
社内で電話中、ところどころ私に聞こえるようにわざと声のボリュームを上げます。

「有り得ない、使えない人間です。首ですね」
「上に歯向かっちゃダメでしょ、歯向かっちゃ」

といった感じです。
私に言いたい事があるなら直接言って欲しい、と毎度思います。

仰る通り、自分の株を下げるのが怖いのでしょうね。
もしくは自分の理不尽さにも多少気付いているから、反論が怖くて面と向かって言えないのではないでしょうか。
やましい事がないのなら正々堂々と直接議論すれば良いだけのはずだし、その結果自分が間違っていたなら素直に認めて改めれば良いだけの話。

何にせよ、彼らの正体は臆病者の卑怯者だなと感じます。

  | 2014.07.22 1:02

あ、因みに↑の「」内の人物は、実際には私以外の第三者を指しています。(^^;
裏言葉として、私に伝えたい事を私に聞こえるように話すのです。
ややこしくて申し訳ありません泣

 貴和子 | 2014.07.22 23:58

裏言葉・・・使っていますね~、我が職場のお局様も^^;

「○○さんも頑張ってるとは思うんだけどね~。まだ何を上から求められてるか理解してないよねぇ~」
と、よく言います。具体的なことは何も言ってないけど、これだけ聞けば内情を知らない新人や他の課の人はアッサリ騙せます。
私も新人の時に騙されましたし^^;

自分でも都合が悪くて突っ込まれたく無い時には
「○○しちゃって、わたしったら悪い子っ、うふふ」

先回りして分ってるアピールしてますね。
分ってないなら上司は忠告したいらしいのですが
(彼女は噂話をしに他の課へ1時間ほど席を外したり、取引先との雑談が長く、本来ならすぐに終わる話でも必ず1時間は世間話をしています)←特にイケメンの時は必ず!

>ぽんずさん
長靴の件、分ります!
ウチのお局様もやってますよ、似たようなことを^^;
居室内は走ってはいけないのですが、彼女は毎日走り回っています。(上司がいるときは特に)
毎日ドタバタ、取引先も見ているというのに見苦しいです。
そして大げさにゼーハーしながら、貧血で倒れそうなポーズを必ず誰かの隣でやってます。
(誰もいない時は気分悪くならないのが不思議不思議)

そして毎回「私って喘息もちで・・・」だとか「仕事が多すぎてぇ~」だそうです。
だったら走らなければいいのに。
と言いますか、お喋りしてる時間を仕事に当てたら走らなくてもいいんじゃないかと思います。

>青さん
当てこすりですよね^^;
聞こえよがしに良くやっています、ウチのお局様も。

聞こえるか聞こえないかぐらいの微妙なトーンでやってますよ。相手を名指ししないで、でも誰の事を言ってるか特定できる感じで^^;

もし彼女へ文句言ったら「あなた仕事中に人の話に聞き耳立ててるの? 私は一般論を言ってるだけよ?」とか言われそうな気がします。

 ぽんず | 2014.07.24 8:54

うちの自己愛は、うちでのバイト以外にも常になにか予定を入れている模様。
同僚君によると役者的なこともしていると言っていたらしいです。
自己顕示欲が強く、自意識過剰な奴のことですから、役者なんてうってつけですが、
ウッキーの「看護師として働いていた」と同じ気がします。
エキストラとしてちょっと出たことがあるとか、どこかに所属だけして仕事なんてないとか。
人の指示をきかない、他人との呼吸を合わせられない自己愛が役者なんてできるわけないんですよね。

18時出勤を勝手に19時にしたときも理由を言わず、
上司が「他で働いているのか」と聞くと「働いているような~、働いてないような~」と濁す。
ちゃんと申告すればいいのに、なぜかはっきり言わない。
「的な~」表現で右にも左にも逃げられるような物言いは天才ですね。

ところで私、うちの自己愛はさほど金に執着があるとは思ってなかったんです。
でも、昨日同僚君から聞かされてびっくり。
同僚君に対し「同僚君の給料は●●万円くらいもらってるよね。僕も同じくらいなんだよ」
と言ってきたそうなんです。

時給は大差がありませんから、労働時間と時間・曜日加給を計算すると大体想定できます。
同僚君の方が自己愛より20時間くらい労働時間が多いのですが、
自己愛は加給のつく時間にしか来ず、同僚君は加給のない時間帯にもいるため、
計算すると似たりよったりな収入になるようなんです。

人の給料を計算してわざわざ言うなんて気持ち悪い!

「僕の方が効率よく働いていているんだ~、いいだろう~」と自慢したいんですよね。
自己愛にとって同僚君は、ほぼ同時期に入社し同じ仕事内容のため、比較対象にしたいタゲなのかも。
(というか、他にいないから同僚君と比べて優越感を得るしかないのか)

そういえば権利意識過剰な自己愛ですから、当然お金に執着するのは当たり前ですね。
本当に気持ち悪いです。

 ぽんず | 2014.07.24 10:19

貴和子さん

>彼女は毎日走り回っています。(上司がいるときは特に)
そうそう、目上の人アピールしますよね。
自己愛にとって他人は利用価値のあるなしですから、上司アピールが露骨ですよね。
アピールがアピールになってないのに、本人的には通用してると思っているから寒い(笑)

他部署にも不思議ちゃん(おばさんですが)と呼ばれてる人がいて、
自己愛かどうかはわかりませんが明らかな変人がいます。
誰もいないと黙っているのに、急に人が現れると(誰でもいい)
「いたーい、いたたた」「んもー、困っちゃったなー」といった感じで独り言を言い出します。
歩き方も超内股。ぶりっ子なのに髪はボサボサで清潔感があまりありません。
妖精が見える、とも言っているらしいです。
(うちの自己愛はオーラが見えるらしいですが)

この人は初対面から変な人とわかるので、
変人でも自己愛性人格障害ではないですね、きっと(笑)

 ぽんず | 2014.07.24 10:30

>当然お金に執着するのは当たり前ですね

日本語変ですね。「当たり前」が二重・・・。
投稿してから見なおして間違いに気づくのですが、結構多いですよね。
文章力ないので見逃してください(汗)
せんちさんの文章力を見ていると恥ずかしくなってしまいます。

 せんち | 2014.07.24 10:54

いえ、ボクも読み返してはこっそり直してます。

  | 2014.07.24 22:58

>貴和子さん

うわ…お局様のセリフ…
本当に上手いですね、周囲を騙すのが(^_^;

私は5年くらい騙されてました泣。。

 明日夢 | 2014.07.24 23:57

皆さんの自己愛の裏言葉の数々、夢中で読んでしまいました。
思い返してみると、うちのも裏言葉をよく使ってましたね。(嫌味も含めて)

あと、ぽんずさんのとこの不思議ちゃんみたいに独り言を言う癖がありました
なにやるにしても、いちいち声に出すんです。
物を落としそうになると、「おっとっとっと~!」や「あわわわわっっ!」「わぁーーっっ!」って。
それから、なにかする時によく指差ししながら、確認?するように「うんうん。ふむふむ」、また思い出す素振りで「えーっと、えーっと」「そう?そう?そうだ!」
など、周囲にはっきり聞こえる声量で、しぐさや態度はトムとジェリーのようなアニメ並みのオーバーリアクションでした。(1人だけ、テンションが違う)

毎回、毎回、うざかったです。

自己愛は自分のバイト先でも、その独り言をやっていたみたいで、店長から注意されたらしいです。
注意されたのが府に落ちなかったのか、よっぽどだったようで、その話を3回も私に話してきました。(一方的にペラペラと)
聞いてて、自分がどうして注意されたのかわからない様子でしたよ。

きっと死ぬまで、独り言は続くんでしょうね。

 せんち | 2014.07.25 3:23

*** 明日夢さん
そうそう。ウッキーもそう(笑)

 nikawa | 2014.07.26 18:14

ひよこさん
ありがとうございます。こういうことをいうと、
それのどこが嫌味なのかとか、気にするあなたの方が神経質なのではないか?という話にされるので、人には言えないし、
私の場合は実家にも愚痴をこぼせないので、
ストレスがたまる一方でした。

一見、関係ない人のことを話題に出してるだけで、
傍目には嫌がらせしてるようにもみえないし、
それを聞くのを嫌がったり、過剰に反応したりしたら、こちらが負けになるように、周りから追い詰められる格好になるので、
(ここでいう周りというのは、姑の親戚の人などですが)
ずっと「初めてきいた」ような顔をするしかありません。

最近は私にも聞かせるけど、夫にも聞かせたいのだと知りました。
「まだ、○○さんは独身なんだから、nikawaさんと離婚して、そっちに乗り換えたら?」って言う意味もあるのではないかと。

こちらのHPを読ませていただいて、巧妙に他人を操って、自分の思い通りにしようとする、ほのめかす、責任は取らないで、わかりやすく逃げたり、別の人の責任にしたりする様子をみてて、バカで、主体性の無い人生を送ってるくせに、他人の人生に割り込んでくる、とんでもない病気なんだなと恐ろしいです。

逃げるしかないんですよね。私の場合は、最後は夫と離婚することになりそうです。

 とーます | 2014.07.26 22:43

ぽんずさん

>表面的な言葉や動作に垣間見れる本心がわかってしまう

そうなんですよね!!
それがとってもうざいですよね。変にアピールしてくるから、
わかりたくなくても、わかってしまう・・・

青さん

自己愛は臆病者だから、追い込まれないように常に言い訳や逃げ道を用意していますよね。
だから、臨機応変ができないのかな・・・
かといって、前々から予定していることを、直前まで自分の都合のいいようにコロコロ変えるんですよね。
おかげで、こちらが振り回されます。

nikawaさん

>それのどこが嫌味なのかとか、気にするあなたの方が神経質なのではないか?という話にされる

これが自己愛ですよね。
わたしも同じことされました。姑に。それは捉え方の問題だと。
悪口や嫌がらせは明らかに自分(姑)なのに、相手(nikawaさんやわたし)が勝手にそう思っていると責任転嫁?みたいにされてしまう。
ほんと、手口が腹立たしいですよね。
このニュアンスがなかなか人に伝わらないですよね。
明らかにこちらに嫌がらせしてるのがわかるのに、他の人に話すと
気にしすぎと流されてしまう。
実父母に話しても、理解されませんでしたからね。

Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51