Home > ブログ > 自己愛性人格障害(346)動機と目的 その1

自己愛性人格障害(346)動機と目的 その1

まず最初に最近観た映画の話である。タイトルは2009年の映画「エスター」。以前コメント欄で紹介して頂いており、いずれ観ようと思っていたものである。

物語は3人目の子供を欲していた夫婦が、流産をきっかけに孤児院から少女を養子に迎える事から始まる。両親と二人の子供の4人家族に新しく加わったのが、この孤児院から来た主人公エスターという少女である。それまで平和で仲の良かった家庭は、悪魔を引き入れた事により文字通り崩壊に向かう、サイコパス(反社会的人格障害)を題材としたサイコホラーである。

監督と脚本家は人格障害についてかなり調べたに違いない。そこかしこに人格障害者特有の言動が散りばめられており、扉が開いた人には心当たりある描写がふんだんに盛り込まれている。映画中の何気ない仕草、表情が、明らかにそれを意識しており、扉が開いた人なら余計に楽しめるのではないかと思う。ワシが着目した点をいくつか書き出してみよう。

両親が最初に孤児院でエスターと会った時、非常に利発で礼儀正しい印象を受けた。自分を誇大な虚飾でアピールする人格障害者の第一印象そのものであり、獲物をおびき寄せる餌でもある。当初は変わった子だとしか思わなかった養母に対し、エスターは徐々に本性を現していく。ここで重要なのは、養母には敢えて本性をチラつかせる言動をするのだが、養父には一切出さない点である。人格障害の嫌がらせはターゲット以外には行なわない。行なわないどころかその片鱗すら見せない。そのため、夫はエスターに全く疑念を抱いておらず、むしろエスターの異常性を訴える妻の方を疑う。「そんな事をするはずがない」「考え過ぎだ」「気のせいだ」。これはもちろんエスターが意図してそうしているものである。

ある日、養父が公園で女性と会話を交わした。その様子を見ていたエスターは、養母にさも浮気をしているかのように伝えるのである。浮気を疑う妻と無実を訴える夫。部屋の外まで聞こえるくらい大声で夫婦喧嘩している様子にエスターは笑みをこぼす。ここでカメラがエスターの嬉しそうな顔をアップに撮るのは、エスターが仕掛けたトラブルが成功した事を喜んでいる様を捉えているのである。人格障害者は何もないところにトラブルを起こしたがる

大小様々な事件が続いた結果、エスターは何かおかしい、何か変だと気付いた養母は、インターネットで「反社会性人格障害」などを調べまくる。そしてエスターの過去を知りたいと思い、孤児院に問い合わせる。孤児院を運営するシスターは改めてエスターの過去を調べたところ、不思議な事実を発見する。それまで身近で起きた事件や事故の現場に必ずエスターがいるのである。エスターの以前の養子先は火災によって一家が全員死んでいる。偶然の一致にしては不自然で、むしろエスターがいるところに事件や事故が起きるのではないかと疑いが向けられる。自己愛性人格障害がいると、 不思議なことに、次々と、おかしな出来事が起こる

他にもそこかしこに人格障害を示唆する特有の言動が盛り込まれており、扉が開いた人であるならばかなり楽しめる。それにしても本当に怖い映画で、観た後しばらく頭から離れなかったくらい強烈なインパクトがあった。ただ、ふと思った事がある。この映画は有名なサイコホラーであるが、肝心の部分の説明が抜けている。肝心な部分とはエスターが周囲に嫌がらせをしたり、人を殺す事も躊躇せず行なう、その動機である。一体彼女は何を目的としてそれを行なっているのか、それが映画を観た一般の人たちが疑問に思うのではないだろうか。

(続く)

Posted on 2018-02-08 | Category : ブログ | | 1 Comment »
関連記事

コメント1件

 まめじろう | 2018.02.08 22:34

はじめまして。
企業で保健師をしていますが、職場内が自己愛だらけでこちらのブログに辿り着きました。産業医が自己愛だろうと友人と話しています。

実は保健師がみんな入ってすぐに転職活動し、1年くらいで退職しているのですが、理由がある保健師なんです。
感情的になることはなく、穏やかな保健師ですが、退職した人は「サイコパスだ」と言っていました。

今回、私がターゲットになったようで、やはり誰にも気づかれずに嫌がらせをしてきます。嫌がらせされた人は周りの人から「気のせいだ」と言われるようです。
なんとなくですが、ターゲットに嘘を教えてターゲットの評判を落とし、自分の評価を高めている印象です。

意外と、そういうサイコパス、社会に溢れているのでは、、と思います。

介護も自己愛が多いと思いますが、金融も多いようです。なので他部署もモラハラ被害の噂をよく聞きます。求人票も黒に近いグレーのことが書いてありました。他部署も。

退職が続き、境界型、自己愛、サイコパスが殆どを占める部署になりました。
脱出した方が幸せな案件ですね(^^ゞ

Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51