Home > ブログ > 自己愛性人格障害(051) 加害者と被害者をひっくり返す

自己愛性人格障害(051) 加害者と被害者をひっくり返す

自己愛性人格障害者は、常に被害者を装う。
例え自分が言い出したことでも、無理にやらされたと言いかねない。
被害者を装って同情を買おうとする汚い連中なのである。

例えば、人格障害の奴は、ウソをついて自分の責任を逃れようとする。
明らかにウソだろ!と詰問しても、絶対に自分の否を認めない。
それどころか、まわりに「私のことを信じてくれない!」と被害者を装って吹聴する。

人格障害者の話は聞くだけ無駄であり、
話を聞いても、ウソと言い訳と責任逃れに終始するので、これはもう無視するに限る。

そうすると、人格障害者ウッキーは半狂乱になって、
「聞いて!聞いて!ウッキーッ!!」と、とにかく自分の事を話さないと収まらない。
さらに、まわりに「あの人は話を聞いてくれない!」と被害者を装って吹聴する。

「私がやります」というから任せたら、
「これ全部私がやったのよ~。あの人は何もしないんだから~」と、
たちまち被害者になろうとする。

ウソと言い訳と責任逃れをされると、
こちらも大声で怒鳴りたくなるが、そんなことをすると、
「恫喝された!!」と騒ぎ出す。

何をやってもダメ。
触ってはいけないのである。

*****

わかりやすい例が、日本が政策として行なった創氏改名である。
これは、朝鮮半島出身の人が、金某とか李某だと差別されるというので、
朝鮮半島出身者側から、自分たちも日本的な名前が欲しいと要求があった。
創氏改名は彼らの要求を呑む形で行なわれたのである。
もちろん強制ではなく、あくまで希望者には付与するという申告制である。
これはきちんと資料が残っている歴史的事実である。

ところが今や、「創氏改名で名前まで奪われた!」と格好の被害ネタだ。

よかれと思ってやった善意、
向こうから望んだことを実現してやった、
それで文句を言われるのだから人格障害者はタチが悪い。

なんであんな被害者ぶるかね。
自分が加害者にも関わらず、
人格障害者によって被害を受けた人のことを悪く言って自己正当化、
そして加害者と被害者をひっくり返して吹聴する。

早く死んでしまうよう祈るわ。

Posted on 2012-09-18 | Category : ブログ | | 5 Comments »
関連記事

コメント5件

 匿名 | 2012.12.12 12:28

まさにそのとおり!
人格障害の言うことは、一見すると正しいように「見える」が、よくよく冷静に考えると、常識的に考えて無茶がある要求で相手を丸める等、基本的に人格障害は対人操作能力が高い。
人格障害の人の言うことは、客観的に冷静に話を聞かなければいけないのである。

 せんち | 2012.12.12 13:35

*** 無記名さん
正しいようにすら見えないんですが、
コイツに話しても無駄だな、これ以上相手するの嫌だなと思ってしまうんです。

 マナタハ | 2015.05.13 11:54

被害者ぶってる加害者隣人夫婦迷惑

 マナタハ | 2015.05.13 12:06

被害者ぶってる加害者隣人夫婦
監視干渉しつこい電話
着拒でもうちに名前入ってること知らない69と70DQN夫婦

「携帯は名前出るけど固定電話には名前出ない 名前出てないから電話してない」( ´△` )??

電話は
「着信&発信」と言うまでも知らない鈍感バ家族なんとかしてよ〜
話するのも疲れる(怒)(怒)(怒)(怒)

被害者ぶってる馬鹿加害者
千葉北警察官も
「勝手にしろー(怒)」走って逃げてくわー

 ma | 2015.08.22 7:08

この記事マジでその通り!!!!!!

もう疲れるわ

Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51