Home > ブログ > 自己愛性人格障害(154) 胸の傷 その2

自己愛性人格障害(154) 胸の傷 その2

元プロ野球選手で張本勲という人がいる。
日本プロ野球史上初にして唯一の3000本安打を放つのみならず、
本塁打も500本以上打っている名選手である。

張本勲は、不注意から幼少の頃に右手に大やけどを負い、
親指と人差し指が完全に伸びず、
薬指と小指が癒着したままという後遺症が残った。

プロ野球選手になったばかりの頃、ふと自分の右手を眺め、
「この指がまともだったら、もっと良い成績が残せるのになあ」
こうつぶやいたところ、母親が号泣したという。

右手のやけどや後遺症は、母親の責任ではない。
前回書いたボクの胸の傷も母親の責任ではない。

それでも、親としては、子供の身体に瑕疵があると、
それを自らの責任のように感じるのであろう。
張本の母は号泣し、
ボクの母親は「済まなかったね」と謝った。

ボクと張本が違うのは、
張本はプロ野球選手としてハンデとなったかもしれないが、
ボクは自分の人生において全くハンデにならなかったということ。

張本は母の涙を見て以後、右手を誰にも一切見せないことにしているそうだ。
過去唯一、川上哲治に見せたところ「よくこんな手で・・・」と絶句したという。

ボクは全く気にすることなく、海でもプールでも平気で裸になっていた。
特に見せるわけでもないが、特に隠しているわけでもない。
むしろ傷があることを意識することの方が少ない。

ボクの身体には、生後すぐに行なった、
大きくグロテスクな手術痕がある。
母は自分の責任ではないのに、済まないと謝った。
父は乳児のボクへ移植するため、皮膚の提供を申し出た。

前回、こんな話を書いたら、
両親の声を聞きたくなって実家に電話をした。
毎年、クリスマスの時期に両親にプレゼントを贈っている。

ボクは両親に感謝している。
特にコンプレックスを抱くことなく大学まで行かせてもらって、
愛情を多大に受けて育てられた。

だからこそ、人格障害者さえいなければ、
ボクは本当に心から幸福だと言えるのだが。
そして、こんな両親を絡めた人格障害者だからこそ、
ボクは40歳を超えた今でも苦悩している。

 

 

Posted on 2013-12-19 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51