Home > ブログ > 自己愛性人格障害(048) 採用面接

自己愛性人格障害(048) 採用面接

会社を潰すのに自己愛性人格障害者ひとりいれば足りる。
私に任せて!と口で言ってる割に、仕事にやる気がない。
給料もらって自分の立場が保守できればそれでよいという考えだ。

人格障害者ウッキーは毎日、定時で帰って、
横浜のライブハウスに毎日遊びに行っていた。
そのライブハウスの店員が言う。
「人格障害者ウッキーさん、皆勤賞で来てましたよ」

江戸川区の小岩から横浜までゆうに往復3時間はかかる。
それを皆勤賞だと。
そりゃあ定時できっちり帰らないとな。
社長のボクが会社に寝泊りもいとわず働いて、
人格障害者ウッキーの遊ぶ金を稼いでいたと思うと腹立つわ。

*****

ボクの会社では、人材募集を頻繁に行っていた。

ある時、人格障害者ウッキーが友人の娘さんを連れてきた。
「この人、私の親友のお嬢さんなの!資格も持ってるし大丈夫よ!」
ところが人格障害者ウッキーが無資格なのに対し、
その娘は有資格者であったこと、さらに 年齢が若い事もあって、
人格障害者ウッキーの言動に我慢が出来ず、つい反論してしまう。
人格障害者ウッキーもウッキーッ!となって、
足をクネクネさせながら近寄って来て「彼女を辞めさせよう」と言ってきた。
「資格持ってるのに、全然使えないわ~」

ちなみに、自分から誘っておいて辞めさせたということで、
この子の母親が人格障害者ウッキーに怒って連絡をしてきた。
「あ~これでまた友達が減った」と人格障害者は独り言。

*****

ある時、人格障害者ウッキーが元職場で一緒だったという女性を連れてきた。
「この人、前の職場で一緒で、経験はないけど、准看の資格持ってるし~」
ところが、この女性も、人格障害者ウッキーのやり方が納得いかず、
社員全員の前でキレて人格障害者ウッキーに大声で文句を言って辞めた。

*****

ある時、同業他社の管理者が退職して仕事を探してるというので、
かつて面識があったという人格障害者ウッキーがその人を連れてきた。
「どういう人なの?良い人か?」とボクが尋ねると、
「ええ、前に会った時にすごい良い人で、話も弾んで~」

ところが実際に面接すると、何やらワケありのようで、
どうも離婚を考えているようだった。
それを耳にした人格障害者ウッキーは、自分の出番とばかりに自分の話を始めた。

「うんうん、アナタと話してね、何かあるって、もうすぐわかったわよ。
 実は、私も離婚してるのよ~。大丈夫、一緒に頑張りましょうね~」

と、涙ぐむその人の肩を叩いて人格障害者ウッキーもウソ泣き。

さて、採用したはいいが、この人は、これがまた全く仕事が出来ない人だった。
旦那が大病院二代目という優雅な生活から、女性ひとりでの稼ぎでの生活に耐えられず、
結局退職して旦那とやり直すということで、仕事を中途半端に放って退職してしまった。

また足をクネクネさせながらボクの机に近寄ってくる。
「だから私は最初から採用に反対したのよ~」
「あれ?オマエ、面識あって良い人だって言ってたじゃないか」とボクも驚く。
「一回会っただけで、どういう人か良くしらなかったわ」

*****

ある時、人格障害者ウッキーが面接をして、ひとり採用することになった。
業界経験者で知識もある人で、人格障害者ウッキーはえらく気に入ったようだった。

「もう~話が合っちゃって、面接終わったあとも、2時間も話し込んじゃったわよ~
 社長がダメって言っても、私がオッケーするから!!」

ボクとしては、そこまで言うならと採用した。
ところが、なまじ仕事が出来るだけに、
人格障害者ウッキーの怠慢な仕事ぶりが、とても尊敬に値する上司に映らなかったようだ。
しばらくすると、完全に人格障害者ウッキーのことを軽んじて影でバカにしていた。

ところが本音というのは恐ろしいもので、ミーティングの時に社員全員の前で、
いつものように人格障害者ウッキーからかうようなことを、本人の前で言ってしまった。
みんなの前でバカにされた人格障害者ウッキーはウッキーッ!!
結局、「(人格障害者ウッキーがちゃんと働けば)私がいなくても、この人数で大丈夫ですよ」
こう言い残して退職してしまった。
人格障害者ウッキーは悔しくて仕方ない。

足をクネクネさせながら、みんなに聞こえるように、
「あの人とは最初から合わなかったのよ~。もう、すぐわかったわ。」

*****

一度や二度ならば、相手にも原因があるかもしれない。
しかし、採用する人、採用する人、このように人格障害者ウッキーと揉めて退職する。
しかも採用時に言ったことが綺麗さっぱり記憶から消えて、
さも最初からわかってたかのように上書きされている。
これは典型的な自己愛性人格障害の特徴である。
これでは、どちらに原因があるかは自明であろう。

足をクネクネさせながら、
「だって、来る人、来る人、みんな良い人来ないんだもん~」

自己愛性人格障害者はある意味では幸福な人種かもしれない。
一片も自分に否があるという考えがないし、他の人に責任をなすりつけ、
まったく良心の呵責を感じずに、自信たっぷりに生きている。

Posted on 2012-09-12 | Category : ブログ | | 1 Comment »
関連記事

コメント1件

 蘭丸 | 2013.06.03 13:33

>「あれ?オマエ、面識あって良い人だって言ってたじゃないか」とボクも驚く。

ワタシのフラッシュバックなんですけどね。
スラムダンクっていう漫画で、主人公桜木花道君が、三井君というワルが率いるヤンキーたちと喧嘩になって、喧嘩中に桜木君が怒りに任せてモップを折ったのだけれど、桜木君、喧嘩の終盤にリーダー三井君を成敗する時に、「これは折れたモップの分」だって言って三井君をひっぱたくんです。

そのときの三井君の
「モップはお前が――――――――」って台詞。

人格障害が決定し実行し失敗した後で知らんフリする(責任逃れですよねー)時、必ず私の頭の中にこのシーンが浮かぶのです。

連投、失礼しました。
面白くてついつい書き込んでしまいます。

Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51