Home > ブログ > 自己愛性人格障害(079) 人格障害者はいかに生まれるのか その5

自己愛性人格障害(079) 人格障害者はいかに生まれるのか その5

自己愛性人格障害の被害が顕著なのは、
何と言っても離婚の場合である。
人格障害者との異常な結婚生活と、
離婚の顛末を綴ったブログは枚挙に暇がない。

人格障害者だから人との付き合いが長続きしない。
他人と最も濃密な時間を共にせねばならない結婚生活は、
人格障害者にとって最も不向きなことであろう。

結婚生活においても 今まで書いてきたような嘘、言い訳、責任逃れの他、
DVやモラハラも含め、とてもじゃないが一緒にいれない。
一緒な空気を吸いたくなくて、一刻も早く離婚したい。
皆、こう考えるそうである。

高島政伸が「俳優人生をなげうってでも離婚したい」という、
この切実な裁判における発言を聞けば、
これが大袈裟でないのが理解できるだろう。

ところが人格障害者と離婚するのは至難の業だ。
先日紹介したブログ、
「自己愛性人格障害の元夫(プチモラ)と離婚して、息子と娘の3人暮らし♪」の方は、
このように書いている。

 モラ夫は逃げる妻を否定しかしないから
 調停や裁判で何とか離婚するしかない人の、なんと多いことか……
 うちは、都合よく相手が自滅したんで、
 奇跡のようなタイミングで協議離婚することができました。
 今思えば、本当に奇跡です。

自分が悪いところないと思っているから、
普通に協議に応じない、応じても話が通じない。

よって調停や裁判で強制的に離婚するしかない。
それでも人格障害者は、なぜ自分がそういう目にあうか自覚がない。

美元と高島政伸が、
まったく同じ過程を辿っていて、不謹慎にも笑える。
「俳優人生をなげうっても離婚したい」と夫が言ってるにも関わらず、
「久しぶりに会えて嬉しかった。まだやり直せると思ってるの」とニッコリ笑う。
どんなホラー映画よりも怖い。

人格障害者は「しがみつく」のである。
では、次回は人格障害者ウッキーの話に繋げよう。

Posted on 2013-01-23 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment




Warning: require_once(./views/frontend.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required './views/frontend.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/s-ikuwakai/www/dekopon/wp-content/plugins/wp-to-top/classes/class-wp-to-top.php on line 51